生産技術

Home > 事業情報 > 生産技術

・4工場の生産システム、生産設備、生産ノウハウを共有化し、
どの工場でも同じように生産ができ、BCPの観点からもお客様に安心していただけます。
・生産状況に応じ、生産工場をフレキシブルに決定して、
お客様のご要望に応じた製品供給が可能です。
・各工場の生産設備、能力、稼働状況を常に把握し、お客様からの緊急生産のご要望にも
お応えできる体制を維持しています。

生産体制

エアゾール製品の製造技術

長年にわたるエアゾール製品の製造技術や危険物・高圧ガスの取り扱い実績により、あらゆるエアゾール製品を製造できます。茨城・群馬・岐阜の3工場体制を基に、様々な製品の種類に応じた「適切な工場」「適切な製造設備」「適切な製造ライン」の選択により、お客様の求める製品を供給できます。

茨城工場第一工場・第二工場

茨城工場 オンライン工場見学

エアゾールから化粧品まで製造

  • 〒319-0104 茨城県小美玉市三箇817番地1
  • TEL 0299(48)4403
  • FAX 0299(48)4405
  • 製品区分(ライン数)

    エアゾール(9)、液体充填(6)

  • 生産設備能力

    610万本

  • 主な取扱製品

    人体用品、家庭用品、自動車、工業用品など

群馬工場

群馬工場

人体用品や化粧品を中心に製造

  • 〒370-0101 群馬県伊勢崎市境東新井1301番地7
  • TEL 0270(76)5111
  • FAX 0270(76)4800
  • 製品区分(ライン数)

    エアゾール(4)、液体充填(2)

  • 生産設備能力

    320万本

  • 主な取扱製品

    人体用品、化粧品など

岐阜工場

岐阜工場

製造する塗料の国内シェアはおよそ50%

  • 〒501-3922 岐阜県関市大杉840番地
  • TEL 0575(24)1711
  • FAX 0575(24)1713
  • 製品区分(ライン数)

    エアゾール(7)、液体充填(1)

  • 生産設備能力

    330万本

  • 主な取扱製品

    塗料など

山陽工場

山陽工場

液体肥料や農薬などの園芸用品を製造

  • 〒673-1341 兵庫県加東市南山6丁目5番15
  • TEL 0795(47)5012
  • FAX 0795(47)5013
  • 製品区分(ライン数)

    エアゾール(なし)、液体充填(6)

  • 生産設備能力

    60万本

  • 主な取扱製品

    園芸用品など

生産設備と製造工程

  • 化粧品の
    生産設備と製造工程

  • エアゾール製品の
    生産設備と製造工程

  • 原液調合・供給
    粉末原料・液体原料を配合し原液を調合
    調合した原液や、お客様から支給された原液を供給
    原液調合・供給
  • 容器供給
    ラインの開始部に容器を乗せる
    容器がコンベア上に乗り移り、次工程へ供給される
    容器供給
  • 原液充填
    容器上部の開口部より、原液を充填
    原液充填量や粘度などの特性により、設定を変更
    原液充填
  • ポンプ&キャップ装着
    作業員がキャップ付きポンプを装着(仮締め)
    装着前に、容器に原液が付着していないかを確認
    ポンプ&キャップ装着
  • 巻き締め
    機械で締め具合を調整し、ポンプを巻き締め
    製品によって設定を変更
    巻き締め
  • ロット捺印
    容器にロットを印字
    ロットは製造日と製造工場を表示
    ロット捺印
  • 質量検査
    全数をウエイトチェッカーに通す
    質量規格外のものは自動的にラインより除外
    質量検査
  • 外観検査
    内容液への異物混入、外観の汚れ等の異常がないかを作業員が目視にて全数検査
    外観検査
  • 包装
    お客様のご指示に従い、製品を梱包
    梱包資材の汚れ等も作業員が確認
    包装
  • 箱詰め
    梱包した製品の箱詰め
    箱詰めの際、ロット印字の欠けや製品外観に異常がないかを再度確認
    箱詰め
  • 原液調合・供給
    粉末原料・液体原料を配合し原液を調合
    調合した原液や、お客様から支給された原液を供給
    原液調合・供給
  • 容器供給
    ラインの開始部に容器を乗せる
    容器がコンベア上に乗り移り、次工程へ供給される
    容器供給
  • 原液充填
    容器上部の開口部より、原液を充填
    原液充填量や粘度などの特性により、設定を変更
    原液充填
  • バルブ供給
    バルブを供給し容器上部の開口部にセットする
    バルブ装着
  • ガス供給
    ボンベからガスを充填室へ供給
    LPG(液化石油ガス)やDME(ジメチルエーテル)など、製品ごとに種類が異なる
    ガス供給
  • クリンプ・ガス充填
    バルブを装着した容器にガスを充填しカシメ(クリンプ)
    バルブカシメ直後にガスを充填→圧力充填方式
    ガス充填直後にバルブカシメ→アンダーカップ充填方式
    クリンプ・ガス充填
  • 漏洩検査
    全数、水温53~57℃の水槽を通過
    作業員が目視にて漏洩の有無を検査
    水槽通過後は、エアブローでの水滴除去を実施
    漏洩検査
  • 質量検査
    全数がウエイトチェッカーを通り、質量規格外のものは自動的にラインより除外
    質量検査
  • ボタン&キャップ装着
    ボタンやステムを保護するキャップを装着
    形状により、自動機の使用が可能
    ボタン&キャップ装着
  • ロット捺印
    缶底に製造ロットをインクジェットで印字
    レーザーを照射し、容器へ刻印。ロットは製造日と製造工場を表示
    ロット捺印
  • シュリンク
    シュリンクフィルムで全体を包むように包装
    弊社ではポリオレフィン系フィルムを採用
    シュリンク
  • シール貼り
    製品を一定方向に整列させ、規定位置にシールを貼り付け
    シール貼り
  • 箱詰め
    完成品をお客様ご指定の箱へ梱包
    カートンチェッカーで梱包後の質量を測定し、本数抜けをチェック
    箱詰め

施設・設備紹介

茨城第二工場

新化粧品工場(茨城第二工場)

エアゾール製品の生産の増強とともに、化粧品(液体充填品)の生産を担う工場です。化粧品GMP準拠の設備はもちろん、従業員の働きやすさを追求した休憩室や空調の完備、さらには見学用の通路も配置し、地域住民の皆様にも親しみやすい工場として稼働しています。

オンライン工場見学

生産技術 Q&A

工場の品質管理は、どんな基準で行っていますか?

茨城工場、岐阜工場はISO9001取得。群馬工場はISO9001に準拠をした品質マネジメントシステムを構築しています。製造管理工程図に基づき、重要ポイントごとに検査を実施し、不良品流出の防止に努めています。製品の規格は工程管理表に定めています。

原料、資材受け入れはどのように管理されていますか?

品質管理部で抜き取りによる受け入れ検査を実施。対象の原材料によって試験項目は異なります。また、試験項目によって抜き取り検査数は異なります。メーカー検査書を使用した間接検査を実施することもあります。

容器は自社調達か、支給でしょうか?

どちらも対応は可能です。

異物混入の防止策は?

導線を制限することで、異物の混入を防止しています。その他、ハード面ではライン上への覆い、容器供給時のエアー洗浄、直接屋外に出ない構造(パスエリアを通す)、高速シャッターのインターロック機構、充填室の陽圧管理 等。 ソフト面では、製造エリアへの持ち込み禁止品指定、専用作業着への2次更衣、エアシャワー(エリアに応じて2回)。